妊娠中の美容院・美容室へ行くタイミングは?妊婦さんの為のマタニティヘア相談室

妊娠したら、どのタイミングで美容室へ行くのがベスト?妊婦さんの気になる美容室事情についてお答えします。

らしさ・編集部

美容院・美容室へ行くタイミングは?

安定期になれば、お出かけしたり、適度に歩いたりするのも問題ありません。体調にあわせて、無理をしないようにしましょう。
美容室でも、施術で体への負担がかからないように注意しましょう。
妊娠中のカラーやパーマで胎児に影響が出たという事例の報告はありませんが、座りっぱなしの長い施術時間で体に負担がかかったり、ホルモンのバランスが崩れやすくなり頭皮がかぶれたりすることがあるので避けるのがベターです。

1〜3ヶ月目

まだまだ実感の沸かない頃ですが、妊娠初期の1〜3ヶ月目は人混みや、流産の心配もあるので出歩くことを避けたい人も多いはず。
美容院・美容室へ行くのに問題はありませんが、無理をせず、体へ負担がかからないように注意しましょう。

4ヶ月目

安定期に入った4ヶ月目は体の状態が安定してくる頃なので、行きやすい時期でもあります。同時に悪阻(つわり)も始まる時期なので、美容室特有のカラーやパーマの匂いに敏感になる事があります。無理せず行けるタイミングで美容室へ行きましょう。

個人差はありますが、悪阻が治まり、少しお腹が大きくなる始める4ヶ月〜6ヶ月頃が行きやすい時期かもしれません。

5〜7ヶ月目

お腹が大きくなってくる時期。長時間、椅子に座っているとお腹が圧迫されるので、カットのみにするなど短めの施術で終えるのがおすすめです。

8ヶ月目〜出産前

さらにお腹が大きくなってくる時期。長時間の施術は避けましょう。
シャンプー中は仰向け姿勢の状態で動けないので、シャンプーはしないという選択肢もあります。事前に、美容室へ妊娠していることを伝えておけば配慮してもらえるはずです。
出産後はしばらく通えないので、臨月の前に美容室 へ行っておくのも良いですね。

カウンセリングの際、美容院・美容室に行けるのが4ヶ月や6ヶ月先など、小まめに通えない事を担当の美容師さんに伝えれば、自分にあったヘアスケジュールの提案をしてくれますよ。その際、髪をまとめやすくして欲しい、伸びた前髪は流れるようにしたいなどの要望も伝えましょう。

どんな髪型がおすすめ?

出産にあわせて短い髪型にするか、そのまま伸ばすか悩ましいですよね。
伸びてもフォルムの崩れが目立ちにくいのが、ミディアム程度。ささっとまとめれば邪魔にならず、ヘアアレンジで気分を変えるのも楽しいですよ。

髪を乾かす時間や、出産後の育児を考えると、やはりショートヘアやボブも人気。あまり短いショートヘアだとフォルムも崩れやすくなり、2ヶ月に一度などのこまめなメンテナンスも必要になってくるので担当の美容師さんに相談しましょう。

ミディアムヘアでも、授乳が始まる頃に束ねることができる長さになるよう、少し短めに調整してもらうのもオススメです。

乾かすだけで決まる万能ボブ

耳にかけても、サッとキレイにキマる万能ボブ。乾かすだけなので、スタイリングも楽チンです。
https://home.rasysa.com/rouge-mejirodai/style/244152.html●担当:ROUGE 目白台店 店長 高井 亮昌

結べるレイヤーボブ

肩につく程度の長さに設定したボブは、ギリギリ結べる程度の長さ。まとめても可愛いレイヤーボブです。
https://home.rasysa.com/alice/style/251094.html●担当:ALICe by afloat スタイリスト 山岡 未夢

無造作が可愛い大人ミディアム

まとまりやすい長さを残しつつ、表面に揺れ動く髪をつくっています。ハネてもキまる無造作感が可愛い、大人のミディアムヘアです。
https://home.rasysa.com/acqua/style/252513.html●担当:ACQUA omotesando 中村 隆一

妊娠中はヘアアレンジ&ホームケアでリフレッシュ

体調の問題で、なかなか美容室へ行くことができずストレスも溜まりがち。
もっさりした髪をヘアアレンジで乗り切るのも1つの方法です。ヘアアクセサリーを変えてみたり、くるりんぱなどのお手軽なヘアアレンジテクニックを取り入れれば簡単にいつもと違う雰囲気になります。

また、お家でのヘアケアを頑張ってみるのもおすすめです。キレイな髪はそれだけで気分をアゲてくれますよ。いつもより丁寧なブラシングや頭皮マッサージ、アウトバストリートメントを使うのも効果的です。

出産までの大切な時期、無理せず自分にあったビューティーメンテナンスをして過ごしてくださいね。

ず〜っと困っていた悩みや、ヘア&サロンの基礎知識やお役立ち情報を毎週メルマガでも配信しています!

この記事に関連するキーワード

PR

PR

あわせて読みたい