ヘアなんでも相談室 こんな時どうしたらいいの?
あなたのヘアに関する疑問を解決!
みんなの相談受付中!
ヘアやサロンに関する質問
お待ちしています.
▼ハンドルネーム
▼質問内容
※個々のご質問にメール等で直接ご回答することはできません。
▼他の質問を見る
Q
枝毛や切れ毛の防止法はあるの?

(投稿日:2007年2月3日 投稿者:あやややさん)

ロングヘアーを目指して髪を伸ばしているのですが、枝毛が多く困ってます。トリートメントやヘアパックで髪のダメージをなくそうと努力していますが、なかなか良くなりません。やはり切った方がいいのでしょうか?
A

枝毛や切れ毛の悩みは多いですよね。パーマやカラーをしていてもしていなくても、出来る時はできてしまいます。なぜ枝毛や切れ毛が出来るのでしょうか?

(Q)枝毛や切れ毛ができるのはなぜ?
(A) 髪を保護しているキューティクルがダメージをうけて開いてしまい、その開いた隙間から髪の主成分であるたんぱく質や脂質が流失します。そのため、通常は固定されて縦に繋がっている髪の繊維質の絡まりがばらばらになり、髪が縦に裂けて枝毛になります。また、髪に無理な力を与え続け、そのダメージによって髪の途中からプチリと切れてしまった髪のことを切れ毛といいます。

過剰なパーマやカラーによる傷みだけでなく、カットでも切り方によっては枝毛や切れ毛の原因になります。他にも毎日の無理なブラッシングや乾燥した髪へのドライヤーのかけすぎも枝毛や切れ毛を引き起こす原因となります。

(Q)枝毛や切れ毛は治せますか?
(A) 一度枝毛になってしまった髪はヘアケアをしても治りません。枝毛を放置しておくとブラッシング時にひっかかりの原因となり、さらに悪化させてしまいます。かなりの量の枝毛や切れ毛が出来ている場合は、一度その部分だけでもカットしたほうがきれいに伸ばせるようになります。

枝毛の箇所から最低3儖未鯆廠僂縫ットするのがベストの方法で、この際、毛を斜めにカットすると毛髪の断面積が広くなるため、枝毛や切れ毛になりやすい状態になってしまうので注意が必要です。

他にも、ぬれた状態は髪が一番無防備な状態になっているので、無理なブラッシングを裂けたり、ドライヤー前に洗い流さないトリートメント剤などを利用し、髪をコーティングをして摩擦や熱のダメージを防ぐなど、毎日のヘアケアも重要です。

この記事は参考になりましたか?
※ボタンを押すと編集部宛てに感想を送信します