特別な日を彩る“お呼ばれ美人”

結婚式や二次会など、秋はお呼ばれが多くなる季節。 ファッションやマナーは完璧?この機会に基本をチェックして★

らしさ・編集部

ドレスの色は?何を着る?

結婚式では白が花嫁さんの色。ゲストでお呼ばれしたときに白は絶対に×。ベージュやオフホワイトも写真では白っぽく写るので避けるのが無難です。
それなら黒で、と思った人もちょっと待って。スーツの男性陣が全体的に黒っぽく見えるため女性の真っ黒な服装は好まれません。
ショールやボレロなどの羽織りものやアクセサリー、ヘア小物などをうまく使って彩りを添えるのが◎。
すっかり浸透したトレンカやレギンスも要注意!普段着レベルのカジュアルな服装に見られるため基本的にはNGと覚えておいた方が良さそうです。

頭、足元も抜かりなく

せっかくだからヘアスタイルはアップやハーフアップ、編みこみなどで華やかさをプラス。ラメ入りのスプレーなどもおすすめです。

パーティーヘアアレンジ★早朝9時以前予約OKなサロン

https://www.rasysa.com/salon/search/tokucho_socho09/

秋冬は出番の多いブーツ。暖かいから防寒にもなって良さそうですが、結婚式にはいていくのはNG!
カジュアルだから、というだけでなく、おめでたい場では殺生を連想させる毛皮や革製品を身につけるのはタブー。ファーなども要注意アイテムです。
安心なのはやはりパンプス。サンダルなら、つま先が見えないものを。ストラップのないミュールは避けましょう。素足も失礼にあたることをお忘れなく。

一番大切なのは・・・

当日は、いろいろと準備もあるけれどなるべく30分前の到着を目指して。余裕があると、立ち振る舞いも自然と優雅に。
めいっぱいおしゃれをしてお祝いの場に花を添えるのも良いけれど、意識してほしいのはお祝いの気持ち。
女性ならではの心遣いとマナーでみんなが気持ちよく過ごせるよう協力を♪受付での応対なども意外と見られているので主役の友人代表として、気を抜かないこと。
基本をおさえたファッションとマナーはあなたの魅力を何倍にもアップさせてくれるはず。皆さんが素敵な時間を過ごせますように★

ず〜っと困っていた悩みや、ヘア&サロンの基礎知識やお役立ち情報を毎週メルマガでも配信しています!

この記事に関連するキーワード

PR