CARE SHINSAIBASHIが提案する最新トレンドヘア|ファッションや気分に合わせて楽しめるヘアスタイル

今回の特集で、ナチュラルスタイルとカールスタイルを創作していただいたCARE SHINSAIBASHIの宮崎隆和さんに、お客様のニーズとヘアスタイルの創作意図、さらに今後のご提案スタイルに関して語っていただきました。

ベースはバランス重視で
顔まわりのディテールにもこだわりを

CAREにご来店されるお客様の最近のご要望は、「スタイルに動きがほしい」、「軽さの中に重さを残してほしい」といったご注文が多く、バランスを重視したシルエット作りへのこだわりが増えているように感じます。さらに、前髪に関して言えば、重めよりもシースルーバングといった薄めで動きを求める傾向があるので、ベース作りもさることながら、顔まわりなどの細かいディテール作りにも細心の注意を払ってカットをしています。

求める色味と立体感を出した明るめカラーがトレンド

今回はナチュラルなストレートヘアと、それをベースにしたカールスタイルを提案しました。ナチュラルスタイルではカラーをモチーフにしましたが、最近の傾向としては明るめのカラーがニーズのようです。ただし、くすみを入れてギラギラした感じの色味ではなく、抑え気味のハイトーンカラーが今風だと考えています。そんなテイストだからこそ、明るめのカラーにチャレンジしやすくなっているのかもしれません。これから冬の季節は、ダブルカラーやフロスティングで求める色味と立体感を出しながら、一人ひとりにマッチしたデザインカラーを提案していきます。

ただ単に巻くだけではなく
さまざまなカールの質感が今のニーズ

カールスタイルに関して言えば、ただアイロンで巻くだけではなく、さまざまなカールの質感を求める傾向が高まっているので、レングスに応じて幅広いデザインカールを提案しました。例えば、ナチュラルなヘアでも直毛のようなストレートではなく柔らかいニュアンスが人気です。カールも動きを強調した強めカールではなく柔らかい質感が好まれ、いずれもヘアスタイルの中に自然な動きが人気だと感じています。これらは、時代性によるトレンドであり、私たち美容師はその流れを察知しなければいけませんね。

ダメージレスだからアレンジや
スタイルチェンジがきれいにまとまる

今後は1つのスタイルではなく、ファッションや気分に合わせていろんなバリエーションが楽しめるヘアスタイルを提案していきます。そのために、デザインだけでなく髪のコンディションを整え、ダメージレスのメニューをさらに強化したいと考えています。やはり、髪が健康的でなくてはアレンジやスタイルチェンジがきれいにまとまりませんから。ご自分でスタイリングやお手入れがしやすく、さらに美しいヘアを長持ちさせる、そんなヘアデザインをご提供していきます。

◆Profile

CARE SHINSAIBASHI
ディレクター 宮崎隆和さん

何に対してもこだわりを持って取り組み、多くの人をキレイにします。あなたのキレイ、可愛いを最大限に引き出し、毎日がHAPPYになれるヘアスタイルを提案します。

NEXT-ハニーベージュで叶えるなめらかな大人可愛いツヤカラー by CARE|新コンサバカラースタイルコレクション-ナチュラルスタイル

Hair/宮崎 隆和(CARE SHINSAIBASHI) Make/上野毛戸 優(CARE SHINSAIBASHI) Photo/小池 徹 Text/前田 正明 構成/らしさ編集部
取材協力:CARE SHINSAIBASHI(ケア シンサイバシ)

「あなたの感想」をお聞かせください。
※上のどれかのボタンを押すと編集部宛てに感想を送信できます
最新のらしさ特集
らしさ特集  バックナンバー