Technique4 AFLOAT SKY 井上紗矢香×ジョーウェルシザーズ|厚みを残しながら毛先に動きと表情をつけるテクニック

柔らかくてペタンコで動きが出にくい髪に、スタイリングで巻き髪にしやすく動きが出るスタイルにカットします。全体に厚みを残してウエイトを低い位置にします。

Counseling/軟毛で動きが出ない髪にスタイリングで巻きやすくする

髪質はやや細くて柔らかく毛量が多い状態です。毛先は乾燥毛でパサついて広がりやすいので、おさまりがよくスタイリングで巻きやすい髪にカットします。毛先に厚みを残して、表面は髪を動きやすくします。

Stylist Advice

毛量がたまる内部を
多めに毛量調整して毛先に質感を

AFLOAT SKY ヘアクリエイター
井上紗矢香さん

レイヤーカットでしっかりとベースを作りますが、毛先に厚みを残すためアンダーセクションはレイヤーを入れずに残します。毛量調整のドライカットでは、髪がたまりやすいミドルセクションの中間をセニングカットし、多めに量感を削ります。そして、毛先にもセニングを入れて、カールにした時に動きや柔らかい表情が出るようにします。

Cut Process 実践テクニックをマスター!

1/バックのアウトラインをカット。ブラントカットでやや丸みのラインにする。使用するハサミはXPG-60。

2/サイドは前上がりのラインでつなげる。

3/表面をレイヤーカット。チョップカットでラインをぼかす。トップを放射線状にパネル展開してサイドまでカットする。

4/ミドルセクションも同様にサイドまでレイヤーカット。ただし、アンダーセクションはカットせずに残す。

5/前髪のカット。パネルを持ち上げて前方に引き出してチョップカット。

6/前髪をカットしたらフェイスラインをつなげる。ベースカットの終了。

7/ドライカット。ミドルセクションの中間にセニングを入れる。使用するハサミはXPG-2T30。

8/さらに縦パネルを取って毛先をセニングカット。レイヤーラインで斜めに入れる。

9/トップの毛先にもセニングカット。アンダーセクションはセニングを入れずに厚みを残す。

10/サイドの毛量調整。ハチまわりのパネルを引き出して中間をセニングカット。

11/さらにサイドの毛先をセニングカット。縦パネルで全体をカットする。

12/前髪と顔まわりの毛先は柔らかい質感にする。使用するハサミはXPG-1T30。

13/カット終了。

AFLOAT SKY 鈴木達也×ジョーウェルシザーズ|ショートでもアイロンでカールを作りやすくするテクニック

Hair&Make/井上紗矢香(AFLOAT SKY)  Photo/生駒由美 Text/前田正明 構成/らしさ編集部
取材協力:AFLOAT SKY(アフロート スカイ)

※2014年3月4日公開時点での情報です。料金の表記は本文に明記のない限り消費税5%の税込価格です。
「あなたの感想」をお聞かせください。
※上のどれかのボタンを押すと編集部宛てに感想を送信できます
最新のらしさ特集
らしさ特集  バックナンバー