連載エッセイ

色の魅力にとりつかれたカラリスト、ナカムが考えるヘアカラーの世界“茶”のソムリエが語るラグジュなカラー

3
全10回
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10

更新日:2007年3月20日

其の三.すっぴん勝負?

カラーリングをするかしないか、それを選ぶのはもちろんあなた次第。
生まれ持った髪の色に愛着を持つことはよいことだけど、髪の色の変化によって、自分自身にどんな印象の変化があるのかは知っておきたいもの。
さて、「カラーリングをしないのは、いわばすっぴん勝負と同じ」と語るナカム。その真意とは?

ここ近年、食に対してや人体に対しての安全性が良く問われ、
多少値段がはっても、天然志向ものや
無添加ものをこぞって購入してしまう。
“ナチュラル派・自然派”
こんな言葉が良く聞かれ、少数だが一派が出来つつあるのも確かである。
そういった一派はまれにヘアカラーをやめて、
全て自分の地毛に戻そうとする動きがある。

そう。
ナカム流に言えば “すっぴん” である。

言い方を変えると、
飾る事をやめ “素材勝負宣言” をするのだ。

“何故?face make をするのか?”
答えはたくさんあると思うが、顔の素材の良い所を引き出し、
あまり見えて欲しくない所をカバーすると言って問題ないかと思う。
そしてヘアカラーにも同じ事が言える。

黒髪の重々しい雰囲気を柔らかく変化させ、
毛先の軽さを表現する。
それだけでない。
顔を囲む色(髪色)を変える事で顔色を良く見せ、
表情すら豊かで柔軟な雰囲気を引き出す。
縮毛のクセが気になる人はその印象を和らげ、
髪の硬い人は柔らかく、
少ない人はふんわりと・・・・・。

それらを放棄し
それでも “素材勝負宣言” をするのか?
“すっぴん” とは非常にリスキーなものである。

ヘアカラーは決して流行り廃りの“ブーム”でなく、
“ただのお洒落”でもない。

“顔をふちどる額縁の色”なのだ。
右へならえで皆同じ色の額縁に囲まれたら、
中の絵の善し悪しで全てが判断されてしまうであろう。
素の肌色、目の形、鼻の高さ、骨格、etc・・・
ヘアカラー&ヘアスタイルは顔を最大限に輝かす額縁であり、
トータルで見せてこそ、その人らしさなのでないのか?

ブームでもない。
ただのお洒落でもない。
らしさを表現するための手段を放棄する事は、
“すっぴん” の顔で街に出るの同じこと。
そうナカムは思うのである。

“face make”と同じ発想で素材の良い所を最大限に引き出し、
見えて欲しくない所はフォローする。
それがカラリストの創りだすヘアカラーなのであると思う。


※2007年3月20日公開時点での情報です。料金の表記は本文に明記のない限り消費税5%の税込価格です。
「あなたの感想」をお聞かせください。
※上のどれかのボタンを押すと編集部宛てに感想を送信できます
最新のらしさ特集
らしさ特集  バックナンバー